ニキビ跡ケアで美しい肌へ

ニキビ跡ケアで美しい肌へ

美しい肌を目指す女性にとって天敵なのがニキビですが、そのニキビよりもっとダメージが大きいのはニキビ跡が残ってしまうことです。ニキビだけであれば、ある程度短期間で治ってしまうことが多いですが、それがニキビ跡にまでなってしまうと、半年から一年さらにもっと長い期間ずっと跡が残ったままという事態になってしまうこともあります。したがって、しっかりと適切なニキビ対策をして、ニキビ跡にならないようにしなければなりませんが、それでもニキビ跡ができてしまった場合には今度はニキビ跡ケアに取り組まなければなりません。

まず、ニキビ跡ケアに取り組む前に、ニキビ跡とはどういった状態かを知っておく必要があります。ニキビ跡の状態には大きく分けて二種類あり、一つは肌の内部が炎症していたり、色素沈着することによって赤や赤紫のシミができるタイプで、もうひとつは皮膚の炎症の進行によって組織が破壊され凸凹状のクレーターができてしまうタイプです。

赤や赤紫のシミになってしまうニキビ跡の場合は、しっかりとニキビ跡ケアを行うことで、キレイに跡を消せたり大幅に改善させることが可能です。そのニキビ跡ケアの方法ですが、自分の肌質に合った適切な洗顔をし、ビタミンC配合などのニキビ対策用の化粧水や美容液でスキンケアを行い、十分な保湿を心がけていきましょう。また、肌のターンオーバーを促すためにも、バランスの取れた食事に規則正しい生活リズムを守り、睡眠時間をたっぷりととることも大切です。

次に、クレーター状になってしまった場合のニキビ跡ケアですが、こちらの場合は自宅でのセルフケアだけで完全にニキビ跡を消すことは難しいです。シミ状のニキビ跡ケアと同様の対策をしたり、様々なニキビ跡対策用の化粧品で、凹みが目立たなくなる程度の改善は望めますが、よりキレイな肌へと戻したいと願うのであれば、皮膚科へ相談するべきでしょう。皮膚科での治療にはケミカルピーリングやレーザー治療などがありますが、どの程度の効果が出るのかは個人差があるのではっきりとしたことは断言できません。ですので、しっかりとした病院選びをし、治療方針や期待できる効果などのカウンセリングはしっかり受けるようにしましょう。

このように、ニキビ跡ケアは普段の食生活や睡眠といったものから病院での治療まで多岐にわたっています。まずは自分が継続して取り組める範囲のニキビ跡ケアに取り組み、美しい肌作りを頑張っていきましょう。
参考:ニキビ跡のケアサイト