自分でできる背中にきびの対策

背中にきびができると、とても気になりますし、寝る時も違和感があるので早く治したいところです。

背中にきびが大量にできてしまった場合には病院で受診するのが一番ですが、軽症なら自力で改善することもできます。

自分でできる背中にきびの対策としては、清潔に保つようにすることです。

汗をかいたらこまめに下着を取り換えたり、拭いたりして、毛穴の皮脂や汚れ取り除くことが大切です。

汗や皮脂はアクネ菌を繁殖させやすくしてしまうので、それを防ぐ必要があります。

また、できるだけ刺激を与えないようにすることも大切です。

入浴時に背中を洗う際はゴシゴシ擦らず、手でやさしく洗うようにします。

タオルも押さえるように水分を拭き取るのがポイントです。

その後は、しっかり背中の保湿ケアも忘れないようにしましょう。

肌を保湿することで回復を早めると同時に、背中にきび予防にも繋がります。

ベタつくのを避けたいのであれば、化粧水でサラッと保湿ケアするだけでも十分効果があります。

背中にきびの原因としては生活習慣の乱れが影響していることが少なくありません。

根本的な原因となっている生活習慣の乱れを正すことも背中にきびの対策として大切です。

十分な睡眠やバランスのいい食生活、ストレスの発散などに心がけるようにしましょう。

スプレーで背中にきびを集中ケアするメルシアン

メルシアンは背中にきびやシミをケアする化粧水です。

今まで水着も着れず、温泉でも人に背中も向けられなかったけどメルシアンで背中の事が気にならなくなったなど顧客の気持ちを鷲づかみににしています。

背中にきびは衣類の摩擦、汗腺の多さから何度も繰り返す厄介なにきびです。

そこで登場したのがメルシアンで外部の刺激から背中を守り、インナードライもしっかり解決するので背中にきび対策には最適です。

背中は顔と同じくらい乾燥しやすい部位で、いつも衣類に隠れているので常に水分を保持するのは難しいです。

そこでメルシアンでは徹底的に保水力を追求した成分をスプレーに詰め込みました。

安定型保水力があるトレハロース、PCAの強力保水成分で常に肌を潤わせ、つるつるスベスベ背中をキープします。

そして今一番話題の成分アーティチョークエキスを背中の源まで浸透させ、にきび、くすみ、ザラザラ、黒ずみなどを健康的で透明感のある背中へと導きます。

さらに背中にきびの後の肌も水溶性プラセンタ、ボタンエキス、カッコンエキスのトリプル処方で徹底美博します。

そして、これから出来る背中にきび予防としてグリチルリチン酸2K、気になる背中の凹凸にテンニンカ果実などの厳選した植物エキスを配合しています。

成分を高濃度配合したメルシアンが隠したかった背中を、見せたい背中へと変えてくれます。